高齢者講習

トップページ > 高齢者講習

高齢者講習

高齢者講習のご案内

高齢ドライバーの増加に伴い、
高齢ドライバーによる交通事故は増加の傾向にあります。

いつまでも安全運転をしていただくために、
免許証の更新時に適性検査、運転技能等をチェックしていただく講習です。

高齢者教習を受講しなければならない方は、
免許証の有効期間が満了する日の年齢が70歳以上の方が対象です。
公安委員会から教習所名を記載した「講習通知書」が発送されます。予約制ですので、
講習通知書が来ましたら、受付までご連絡ください。

講習実施日
毎週月~金 9時30分~17時(案内番号①~⑤によって異なります)
内容
  • ◎記憶力・判断力の検査(案内番号が②の方が対象)
  • ◎双方向型講義(案内番号が①、③、④、⑤の方が対象)
  • ◎適性検査機材での指導(案内番号が①、③、④、⑤の方が対象)
  • ◎実車による指導(案内番号が①、③、④、⑤の方が対象)
  • ◎個人指導等(案内番号が④、⑤の方が対象)
受講時に必要なもの
  • ◎運転免許証
  • ◎「高齢者講習(または認知機能検査)のお知らせ」のはがき
  • ◎印鑑(認印)
  • ◎筆記具
  • ◎講習手数料
  •  案内番号①、③の方は2時間¥5,100(非課税)
  •  案内番号②の方は40分¥750(非課税)
  •  案内番号④、⑤の方は3時間¥7,950(非課税)

ページトップへ