当校のご紹介 沿革と歴史

トップページ > 当校のご紹介 沿革と歴史

当校のご紹介

沿革と歴史

父も祖父も卒業生なんです。
そんな会話をよく耳にするのも当校の特徴です。

草創期(~昭和20年代)
昭和12年11月1日
「兵庫県自動車学院」を創立、明石市と西宮市に教場を開設
昭和19年7月1日
兵庫県交通安全協会に経営を委託、県警本部交通課長が学長に就任
昭和22年5月14日
内務大臣より自動車取締令による技倆証明書発行学院(卒業生は無試験で運転免許受領資格のある学院)に指定
昭和24年11月1日
兵庫県公安委員会より道路交通取締法・道路交通取締令による「自動車練習所」に指定
昭和25年12月15日
「兵庫県自動車学校」と改称
昭和26年3月29日
兵庫県知事より学校法人に認可

草創期の教習車

モータリゼーションの幕開け(昭和30年代)
昭和30年7月8日
姫路市本町68番地公会堂(現姫路市民会館)東空地に「姫路教場」を開設
昭和31年7月1日
県警交通課より学校運営を学校自体に復元し、学校自体で運営することとし、「明石本校」、「西宮分校」、「姫路練習所」と呼称変更
昭和32年4月8日
姫路練習所を神姫バス市川工場内に移転
昭和32年11月29日
飾磨郡花田村一本松正年(現在地)に姫路練習所校舎を建設し、「姫路分校」と名称を変更して発足
―兵庫県指令教第1263号の1―
昭和35年12月20日
兵庫県公安委員会から道路交通法による「指定自動車教習所」に指定
―西宮本校/指定第1号―
―明石校 /指定第2号―
昭和36年3月13日
兵庫県公安委員会から道路交通法による「指定自動車教習所」に指定
―姫路校 /指定第3号―

昭和30年代の兵庫県自動車学校

女性の免許保有率が倍増(昭和40年代~)
昭和45年8月20日
模擬運転装置と無線指導装置による技能指導を開始
昭和48年4月1日
普通免許に係る技能検定に路上検定が導入され、技能検定を修了検定と卒業検定に区分
平成3年11月1日
オートマチック車限定普通免許に係る教習を開始
平成15年12月20日
姫路校の新校舎が完成、同校舎で教習を開始
平成17年4月21日
兵庫県公安委員会から大型自動車に係る「指定自動車教習所」に指定
平成19年6月2日
運転免許制度の改正に伴い中型自動車に係る教習を開始
平成21年4月1日
普通自動二輪車科の新設に伴い中型自動車に係る教習を休止

昭和40年代~

ページトップへ